グッバイ確定申告!(個人事業主の方へ)

合法的に確定申告が不要になる方法

  • 「確定申告を自分でするには時間がないし、手間も掛かる。」
  • 「どうやっていいのか分からないし、税理士さんへ頼むにも顧問料が高い。」
  • 「毎年、確定申告の時期は記帳のために睡眠不足」

毎年こんなことでお困りの個人事業者の方へ裏技をご紹介します。脱法行為ではありませんのでご安心ください。
事業所得の確定申告が不要になる方法、それは東和企業組合に加入することです。

東和企業組合に加入すると確定申告が不要になります。

東和企業組合は京都府知事が認可した法人組織です。

組合にご加入いただくと、税法上現在営んでおられる個人事業は法人の営業活動となります。

組合にご加入いただいたお店は東和企業組合の「営業所(支店)」となり、組合にご加入いただいた事業主の方は「営業所主任」となっていただきます。

すべての「営業所」の営業実績を統合して、東和企業組合としての決算をおこない、法人税・消費税の確定申告を行います。

決算実務の一連の作業は本部事務局の職員が行いますので、ご加入いただいた個人事業主の皆様は、決算書や確定申告書の作成などの面倒な事務を行う必要はなく、日々の簡単な記帳事務処理や資料をご提出いただくだけです。
「営業所主任」は会社(法人)に勤めるサラリーマンと同じく給与所得者(お給料の額は営業所=お店の営業実績を元に決めさせていただきます)となりますので、このお給料にかかる所得税については、毎年年末に「年末調整」を行い所得税を精算いたします。もちろんこの作業も本部事務局の職員が行いますので、「営業所主任」となられた皆様は、組合がお渡しする書類をご記入いただき、各種所得税の控除証明書等とともに組合事務局にご提出いただくだけです。
なお、一般のサラリーマンの方と同じく「年末調整」で所得税の確定ができない方もおられますので、そうした方は「個人の所得税の確定申告」が必要となります。(確定申告の対象者はだれ?を参照)

東和企業組合に加入すると合理的な節税ができます。

2010年12月16日

このページの先頭へ